日々の日記
by HSOgolgo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:マドンナ ( 5 ) タグの人気記事
マドンナのコンフェッションズツアー
今日は忙しかった!
ありがたいことでありますね。

さて本日、iPodに入れるべく
購入したDVDが届きました。

そのDVDは!
b0042248_18373080.jpg

そう!マドンナのコンフェッションズツアーのDVD!
この日記でも書きましたが
長女と2人で行きました東京ドームツアーであります!

このDVDはハッキリ言って買い!ですぞ。

マドンナ史上?最高のパフォーマンスと言われたツアーですからね。
もうね、80’sにはたまらんものがあります。
六本木〜と言われるとすぐにミラーボールが浮かぶ世代には
たまらん、そして新しいマドンナの世界!

おおっ!オレはこの時間を間近で観れたぞっ!
と今でも誇りに思っておりますし、
当日ノリノリで観ていた長女にも大きな意味の
ある時間だったに違いない。

マドンナのギター、かっちょえぇ〜!

しかし、このDVDにしても
マドンナの戦略は時代に的確なのですねぇ。

ライブのDVDと同内容のCDの2枚組で3,480円!
安くないっすか?
でも、この価格で内容なら
レンタルしてコピーも、海賊版なんかも考えず
たぶん殆どの人が買うのじゃないかな。

この価格であの豪華なメドレー、さらには
豪華絢爛ディスコと変化した舞台が観られるのだから。

当日の日記にも書いたけど
ライブ当日は観客席から写真撮影がOKだった為に
ブログなど個人メディアにはマドンナの
ライブ写真が発信されまくったわけで。

この辺りの戦略も凄いけど、このDVDも凄い。

同内容のCDも付いているから
耳でも目も両方簡単に楽しめる。

いや、マジでこりゃ買いのDVDでっせ。

ちなみに自分はアマゾンのお急ぎ便で注火曜に注文したら
定価で本日届きました。

おおっ!と少しでも思った方、どうぞ!

トラックバックはマドンナ繋がりでyesquireさんのブログでーす。
'The Confessions Tour' Madonna
[PR]
by HSOgolgo | 2007-04-25 23:37 | 日々の日記
マドンナの後で
昨日、マドンナのコンサートから帰ったきたのが
日付変わった0時過ぎ・・・長女を
自分の布団に寝かせて、ウトウトしたところで
ハッ!と目が覚める。

「やべぇ、レンタルビデオを返しに行かなきゃ!」

日付的には昨日までなのだけど
そこのレンタル屋さんは、朝4時で日付が
変わるので、それまで返せばセーフ。

・・・・・・疲れてるしなぁ・・・延滞料払えば明日でも・・
でも、目が覚めたからとりあえず何本あるか数えようかなぁ・・
うん?延滞するのが4本もある!こりゃ延滞料が馬鹿にならん!

よし!返しにいこう!

と、決心したのが真夜中の3時30分。

そうして、レンタルビデオ屋に返却に行きました(涙)

明日は早く寝よう(汗)
[PR]
by HSOgolgo | 2006-09-22 23:12 | 日々の日記
マドンナ〜Confession Tour
b0042248_18455783.jpg

ただ今ドーム。
思っている以上に良い席でした。

周りを見渡してみると
女性同士できているかたが多いこと!

これもマドンナの強いところでしょうね。
同性に愛される、憧れられるマドンナ。
その生き方、さらには身体的な事まで
女性を虜にするのでしょう。

自分の周りは少なくとも
カップルよりも女性同士の姿のほうが多かったですね。

結構、日本の芸能人も横を通り過ぎていきましたよ。
そのたびに会場がどよめくので皆落ち着かない(笑)

横の方々の話しを聞いていると
(自分は立ち上がってまで観なかった)
浜崎あゆみとか安室なんかが来たみたいです。

写真だと分かりにくのですが
かなり近くまでステージの花道?が伸びており
マドンナの表情も判るくらいでしたので面白かったです。

巨大なミラーボールの中から現れたマドンナ。
ステージは圧巻の一言。
やはり前日のように1時間遅れのスタートでしたが
結構ギリギリで会場に来て
「間に合わないかと思ったけど、助かったぁ!」
なんて声をあちこちで聞きましたので
これも大物だからこそできる観客へのサービスと思いましたね。

そしてステージは
これまでの最高パフォーマンスと言わしめている
だけの完成度の高いマドンナらしいコンサートでした。

正直、マイケルジャクソンのデンジャラスツアー以来ですねぇ・・
これほどのスケールの演出、ステージは。
b0042248_3575448.jpg

あと、珍しいなぁ・・と思ったのは
フラッシュをつかわなければ写真撮影がOKということ。
みなバシバシと写真を撮っております。
b0042248_3582230.jpg

外国で問題になっている十字架の貼付け演出も
ニュースで聞くような宗教的ないやらしさもなく
逆にそういう過剰な反応は
マドンナにとって演出の一つでもあると思う程です。
b0042248_3583972.jpg

b0042248_358543.jpg

今回、めちゃくちゃ恰好良かったのは
マドンナのギター!
もうバリバリにギターを弾きまくっておりました。
白い照明をバックに
黒い服装にギターで吠える・・・しびれましたね。
b0042248_359764.jpg

b0042248_3593773.jpg

で、今回の最新アルバム「CONFESSIONS ON A DANCEFLOOR」
のコンセプトでもあるようにもう会場は「ディスコ」状態!
もちろん、それはオールディーズでもなく
最新のスタイルとなって全ての年齢層を爆発させるものでした。
b0042248_3595434.jpg

今回、驚いたのは
生まれて初めてのライヴがマドンナという
6歳の長女がめちゃくちゃ踊っていたこと。

激しい音の鼓動に体が熱くなる
自分にとっても懐かしい感覚を
長女も全身で受け止めたようでした・・・・良かった!

自分の夢は
自分の子供と自分の好きなライヴを観るということでした。
なんか、自分の夢が叶ったこの時間に
前の席の背もたれの上に立ち上がり(汗)
踊りまくる6歳の長女の姿にも感無量でしたね。

色々な意味でマドンナに感謝です。

そうしてコンサートも終盤になり
どんどん盛り上がりは加速度を増していきます。

今回、様々な形でマドンナの歓声されたプロ意識を
感じることができましたが、驚いたのは最後の幕引き。

ドーン!と最高潮の盛り上がりの中で
無数の金色の風船が我々の頭上に落ちてきました!

生まれて初めて大量の風船の中に
埋もれるという経験をしました(汗)

それはもう座ることができない、動くこともできない位に
周囲は風船で埋め尽くされております。

もう長女は大喜びでありましたが
東京ドームも大盛り上がり!

そうして盛り上がっていると
「ドウモアリガットー!トウキョウー!」とマドンナは
きっちりとステージを終わらせて後にします。

アンコールなし、と書いてしまうと
あっけないように思えますけど
自分はステージを知り尽くしたプロを感じましたね。
b0042248_44644.jpg

会場はすぐに明るくなり
とりあえず風船をどかして帰ります。

長女も大喜びで帰ることができました。

本当に楽しかった。
やっぱいいや・・・・音楽って最高!

「父ちゃん、マドンナかっこ良かったね」と
喜ぶ長女を横目に会場をあとにしましたが
よく観ると、自分と同じ位の年代の人で
はやり子連れの人が多かったですねぇ。

以前、スティービーワンダーのコンサートに
行った時にも年齢層の幅広さに驚いたけど今回も驚きました。

・・・・・マイケルジャクソンもやらないかなぁ(笑)
[PR]
by HSOgolgo | 2006-09-21 18:45 | 日々の日記
難しい選択の中でだした結論
今日は忙しかったです。
ありがたいことで。

この仕事は家(店)でやる仕事であります。
ですからどうしても視野が狭くなりがちなのも事実。

そうならない為にも
ITを活かし色々な考えをもつ同業者、他業種の
方々との交流を通じて自分の考えを
スキルアップしていくわけで。

自分がすべき事は沢山ある。

仕事の事、そして家庭のこと。
さらに加えると、自分自身のスキルアップである。

そしていかに沢山のアクションを起こし
そこで経験するかによって
サービス業としてのお客様との会話に活かされ
さらに自分自身の為にもなるわけである。

しかし、今の自分の立場では
色々な制約の中で様々なアクションを起こさなければ
いけなく、それは思っている以上に困難な事である。

例えば、仕事に関するアクションばかり追えば
家族に対しても難がでてくるし、
自分自身が好きな事も犠牲にならなければいけない。

全てに対して犠牲がない、なんていうアクションは
難しく、時には自らの信念すら曲げなければ
できないアクションもあるのである。


b0042248_735857.jpg


前置きが長くなりましたが
9月21日(木)に店を早退して(さぼって)
6歳の長女と一緒にマドンナのコンサート行ってきまーす!

S席2枚とっちゃったもんねぇ!
追加公演ばんざーい!
[PR]
by HSOgolgo | 2006-09-02 23:33 | 日々の日記
マドンナ
自分は最近こそ行っていないけど
以前はお店のサービスとして
チケット代行も行っていた関係もあって
よくコンサートに行っていたんですね。

自分がいまだに好きなのは
やはりマイケル・ジャクソン。

自分のなかでは彼がどんなに変貌しようと(笑)
キング オブ ポップでありヒーローであるわけで。
b0042248_8442164.jpg

世界ツアーが発表されてすぐにチケット代行屋に
確か一年近く前から予約して
前から10列前でみた「デンジャラス・ツアー」は
キングの名にふさわしかった。

そして、初めて購入したCDでもある妹の
ジャネット・ジャクソン。

いまだ「if」を聞くと鳥肌が立ってしまうわけで。

東京ドームでみた時は良い席がとれなくて、小さかったなぁ(涙)
でも彼女のTーシャツはいまでに来ておりますぞ。
b0042248_8444153.jpg

上のポスターが印刷されたT-シャツですが
いまだにグッドなお気に入りTーシャツであります。

さらにはどこかで、理想の女性像(笑)と重なっていた
シンディー・ローパー。
b0042248_8445885.jpg

昨年来日した際の久々の姿には
年齢こそ感じてしまったが
圧倒的な存在感はいまだ衰えていなかった。

やっぱ「トルゥーカラー」は外せないでしょ!
最近では彼女の歌がカヴァ−されてCMなどで流れてますね。
「タイム アフター タイム」とかね。

五反田の郵便貯金ホールでみた彼女の
ファンに接する優しいプロとしての態度を自分は生涯忘れない。
耳鳴りが4時間くらいとれなかったのも今では良い想い出。

そして・・・・そして自分のなかでは
マイケルジャクソンと対等のポジションにいる女性。
マドンナ。
b0042248_8451279.jpg

デビュー当時の「ライク ア ヴァージン」「マテリアルガール」
なども好きだけど、その後にどんどん声量を増し
イメージも初々しい明るい赤色から大人の紅色へ変化
していく姿に感銘した。

若き頃の好きな曲は「パパ・ドント・プリーチ」
そして「ラ・イスラ・ボニータ」

その後では
「レイン」「クレイジー・フォー・ユー」なんて好きだなぁ。

六本木のディスコ(古・・・汗)で流れた
「ライク・ア・プレイヤー」の衝撃。

されに東京ドーム1993年の『ガーリー・ショウ・ツアー』
で酔いしれた「ヴォーグ」

そんなマドンナが日本で公演を行うとう情報を事前にキャッチ。

ぜってぃ、行く! と臨戦体制と整えていたのですけど
その情報が本日入ってきました。

〈マドンナ “コンフェッションズ・ツアーr”〉
 06年 9月16日(土)大阪ドーム
 開場17:00/開演19:00(予定)
 06年9月20日(水)東京ドーム
 開場17:00/開演19:00(予定)
 
 料金:
S席14,000円/A席11,000円/SS席50,000円(全席指定/税込)
 チケット発売日:7月9日(日)10:00~一般発売開始



・・・・・・・駄目じゃん(大涙)

月曜日か火曜日に追加公演キボンヌ!(死語)
[PR]
by HSOgolgo | 2006-07-05 23:56 | このブログについて