日々の日記
by HSOgolgo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧
歯医者&呑み会
今日は半日営業日。
自分以外の皆様は忙しい日でしたが
自分は凄く暇。

でも、心は落ち着かない。

だって、閉店した同時に歯医者なんだもの。

いや、もうね大人ですから
歯医者なんか恐くも何ともないんですわ。
いや、マジで。

そりゃ、前回(数年前)の歯医者の時に
治療中に手で握っていた携帯電話壊した・・
な〜んて事もありましたけど
あくまでも顔も何も冷静ですからね。

なんせ、ゴルゴと呼ばれている男っすから。

ですから、歯医者につくなり
待合い室じゃ「ニューズウィーク」なんて読んだりしてね。

もうね、冷静沈着。

額は汗ダラダラだけど
これは、冷や汗なんてケチなものではなく
しいていえば闘志(?)の汗。

だけど、読んでいるのは「ニューズウィーク」
もうね何度も書くけど、冷静沈着。

前回、歯医者に来た時に
「こりゃ、この歯は抜くようだねぇ」
なんて言われたコトなんて
これっぽっちも気にしていないわけ。

なんせ、「ニューズウィーク」ですから。
中国と日本の関係なんて考えてますから。

確かに、その抜くかもしれない歯が
ガンガン痛いのも事実。

もう、自らの身体に対して
ガンガンと痛みの信号を送る裏切り者の歯
なんて、ゴルゴの名にかけて許すわけにはいかない。

もう、歯医者さんに言われなくても
「抜いてください」なんて自ら志願したいくらい。

だから、歯を抜くことなんで恐くない。

恐くない。

受付の女性にも
「歯は痛くないですか?」と聞かれ
「前回治療したところは完璧ですけど
やはり抜くと言われた歯は痛いです」
なんて、正直に答えちゃっているもの。

名前を呼ばれて、診察台に向かう自分。

まだ、頭の中は中国と日本、そしてアメリカ。
なんせ「ニューズウィーク」を読んでましたから。
冷静っすから。

「はい、どうも」と先生が登場する。

私が担当させて頂いているお客様だ。

「これから、結構大変だと思うけど頑張れる?」
「はい、もちろんであります」

軍隊調で答えてしまったけど
別に緊張しているわけではない。
誤解されるといけないので。

「さて、今日は歯を抜こうと思うけど」
「はい、抜いてください!」
「痛むでしょ?」
「やはり痛いのもあるのですけど抜くのでしたら、
すぐにでも抜いてもらいたいであります」

自分で言うのもなんだけど粋だねぇ(謎)

「でもね」
「はい」
「抜いたら今日はお酒は呑めないよ」
「・・・・・・・」
「どうする?抜く?」
「じゃ、今日は抜かないでください」
「痛いのは?」
「我慢します」


この後でスタッフと呑む約束をしていたので
しょうがなく、しょうがなく歯を抜くのを断念。

もう、しょうがなくですからね。

本当は歯を抜くなんて
恐いとも何も思ってないですから。

麻酔の注射が恐いなんて。

チュイ〜ンなんて音が恐いなんて。

ギイギイなんて歯がきしむ音が恐いなんて。

まったくないです。
いや、マジで。

で、本日の治療を終えまして
すでに飲み屋にいるというスタッフ達に合流します。

時間はまだ夕方の4時(汗)

ほどなく「さくら水産」で合流しまして
呑み始めます。

いやぁ〜ビールがうめぇ!
歯を抜かなくてよかった!

で、さらに6時ころにはエロ侍さんが合流。

「いえっす、おつかれっす!」

で、そこから呑み始めて
途中でスタッフ達が帰り
エロさんと2人呑み始めて
気が付いたら、夜の9時30分。

5時間も呑んでるじゃん(汗)

で、エロさんを送る為に話しながら
商店街を歩きます。

で、日高屋(回高屋byコータちゃん}
の前を通り過ぎた時の事。

「あのっすね、家の近所の日高屋なんすけど
390円のラーメンが290円になったんすよ!
なんか、凄くないっすか!」

家のカミさんが以前、日高屋でバイトしていて
知っているのだけど、エロさん・・
290円の設定がある日高屋は
「郊外店」という事なんすよ。

「え〜っ、マジすかっ!家は郊外っすか!
オレ都内だからセレブなんすけど、郊外っすか!」

いいじゃないですか、100円安いんだからね。
ちなみに川越の商店街は390円です(薄笑)

「これ、ブログネタっすね」

本人のご要望によりブログに掲載しました(笑)

で、来週の火曜日は歯医者。
・・・・嫌だよう。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-31 23:05 | 日々の日記
懐かしいモノ〜衝撃写真が最後にあり(笑)
今日はお休み。
で、4階の物置部屋の大掃除。

もう何回もしてるけど片づかない。

捨てるものもまだたんまり。

今日は自分の思いで品物コーナーの整理。
もうね、色々とでてきましたぞ。

昔の彼女との写真とか(汗)
手編みのセーターやらマフラーやら。
もちろん、全部処分(大汗)

さらに、理容学校時代の「再々々々試験」のテスト用紙(涙)
しかも、今みても判らない(大汗)

でも懐かしいのも多かったですよ。
b0042248_7182432.jpg

なんか、すんげぇ懐かしいんですけど。
知る人ぞ知る、ジューシーフルーツであります。
しかも豪華版だしね。
これはジャケ買いした気が(汗)

さらにレコードといえばコレ。
b0042248_7202645.jpg

中学生の時に「将来値打ちがでればなぁ」と
いやらしい考えの元で古本屋で購入したソノラマシート。
色々な意味で懐かしい。

ゴジラ系のもので懐かしいのはコレ。
b0042248_722434.jpg

ゴジラ生誕何十周年かの記念のマッチなんですねぇ。
あと、ほかにもチラシ全集も持っておりますぞ。

さらに懐かしい雑誌も・・
b0042248_7233574.jpg

b0042248_7235082.jpg

b0042248_7241070.jpg

b0042248_7242543.jpg

そう、季刊紙「宇宙船」です!
この本をみながらSFな世界を想像したなぁ。
方眼工作紙で宇宙船を創ったりしてね。
またこの本の内容は表紙のタイトルでもわかる通り
かなりマニアックながら凄く真面目にSF、特撮を解説してます。
b0042248_727132.jpg

b0042248_7271617.jpg

b0042248_7273345.jpg

このネタはRagさんが食らいつくな(笑)

さらには自分のアメコミ好きのルーツの本も。
b0042248_7283771.jpg

英語は読めないんですけどね(汗)

いままで行ったコンサートのパンフもありましたねぇ。
b0042248_7293412.jpg

あの頃、皆さんは若かった(涙)

珍しいパンフレットではコレ。
b0042248_7303274.jpg

横浜アリーナで行われた
今考えると凄く珍しい、バブリーなもの。
なんと、ジョージルーカス監修の舞台です。
しかも、スターウォーズの世界の舞台!
さらにはタッカー、ウィローそしてインディジョーンズets...
のルーカスの世界が舞台で繰り広げられる!

なんか、面白かったなぁ・・コレ。

で、スターウォーズ絡みの物も沢山でてきましたよ。
b0042248_7333597.jpg

ちなみにこれは新婚旅行で
はじめて自分が購入したものです(汗)
この話はいずれまた・・(汗と涙の壮大なストーリーなので)

で、今回の片付けで一番の衝撃のモノを最後に。
b0042248_7351453.jpg

知っている人がみたら「ウソッ!」と声をあげる
沼殿下(左)の痩せている頃の写真であります。
しかも約20年前の体重が40キロ代の頃。

海辺の岸壁で友人を突き飛ばして
友人が海に落ちそうになって慌てているのをゲラゲラ
笑っている、今とあまり性格が変わっていない殿下であります。
しかも、笑ってズボンがずり落ちているという
今の沼殿下では考えられない姿。
いまでは、ズボンが裂けていることでしょう。

ちなみに現在の沼殿下はこの頃の体重の
倍以上はあるかと思います。

・・・・・嗚呼、こんな事してるから片づかないんだよなぁ。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-30 23:14 | 日々の日記
癒やし
b0042248_2053876.jpg

独り酒

(写真右串:鴨ネギ)
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-29 20:53 | 日々の日記
お断り
まだ、風邪が抜けきっていない感じ。
すんません、早く寝ます。



・・・・・・たぶん(汗)
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-28 23:45 | 日々の日記
マイケル・J・フォックス
いつもお客様との会話ネタとして
暇があればパソコンのニュースを見ている。

そんな今日、こんなニュースが。

「ネットでも反響 フォックスさん病状隠さずCM出演」

マイケル・J・フォックスは色々な想い出がある。
代表作はもちろん「バック・トゥ-・ザ・フューチャー」
あの3部作は今みてもドキドキする作品。

あの軽妙な雰囲気が大好きでしたねぇ。

自分的に大好きだったのは
「摩天楼はバラ色に」という作品。

なんか自分のツボにはまって
ビデオが擦りきれる程観たのを思い出す。

そんな彼がパーキンソン病を患って
映画、舞台の一線から身を引いてから数年がたった。

そんな彼が自身の病状を隠すことなく
パーキンソン病治療の支援を訴えるテレビ出演をした。

その画像はココ

また一つ、彼が好きになった。

「頑張って」と声を掛けても
彼はもう頑張っているのだから
彼が訴えている事に自分には何ができるか考えたい。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-27 23:03 | 日々の日記
心の葛藤。
駄目だ・・子供の風邪がうつったかな。

寝よ。

寝ちゃおう。

でも、竹ちゃんに渡す書類もあるんだよな。

でも、寝なきゃ。

寝ます。

寝るとも。

寝る前にゲームしようかな。

いや、寝よう。

寝る。

寝なきゃ。

映画でも観ながら寝ようかな。

いや、寝るんだ。

寝てやる。

寝よう。

寝る。

・・・・寝ます。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-26 22:13 | 日々の日記
プロ野球
日本シリーズが始まってますね。
大分、昔と比べると少なくなりましたが
この時期になると野球の話に。

最近、話していて思うのは
サッカー人気に押され気味の野球ではなく
ここ何年かで確実に面白くなっている気がします。

それは何故かというと
巨人が弱くなってきたから。

別にアンチ巨人なわけじゃありません。

ここ何年かで巨人の成績は
視聴率の低下などを含めてどんどんと下落しております。

特に巨人戦の視聴率の低下は
イコール野球人気の低下と思われがちですが
実はそこが大きな間違い。

各球団、各リーグが
そのおかげで独自色をだそう、ファンの事を考えよう、
そして、強くなろう!という意志が強くなってきた気がします。

そして、選手も
巨人ブランドの陰りとともに
本当の意味での自分にあった環境の球団に
所属しはじめます。

だからこそ、小久保選手や新庄選手のような人も
でてきたりしてね。

巨人の原監督は
今シーズの成績をうけて
先日の新聞で「ナントしても来期は優勝を目指す。
その為にはどんな事をしてチーム強化を行う。」
と大物のFA選手取得、そして新外国人選手の
取得補強に欲を見せている。

・・・すんません、そんな事は
今までしてきたからこそ
今の巨人が弱くなったのを原さんは
気が付いていないんすか?(汗)

堀内さんが監督の時に
世間から色々といわれながら
そういう補強をしてきたツケを
清算しようとし、そして原さんに
繋げたのに・・・。

今、強いチームは
全て若手が育っているチーム。

勝てない時期をあえて監督が
我慢して選手を育てて
その後にゆるぎない力を持ったチームが
どんどん誕生しているのに。

そして、その若い力がでてきている
チームこそ、面白いチームなのに。

当分、巨人は駄目だな(汗)

しかし、今年のパリーグは面白かった。

特にプレーオフは
歴史に残るような死闘のなかで
新庄選手の引退という花道が
見事にできあがっているわけで。

今日、中日を日本ハムが制して
3連勝で優勝へ大手。

どうなるんだろうか?中日。
落合監督率いる中日も黙っていないだろうし。

野球は
来年はセリーグもプレーオフ制度を導入し
2年後には北京オリンピックで
事実上は最後の五輪野球。

そして、翌年はWBCだし
かなり野球にとっては追い風の時。

頑張ってもらいたいなぁ、野球。

来年こそは子供と野球を観に行こう!
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-25 23:57 | 日々の日記
ナンバーポータビリティー制度
今日もお休み。

今日はカミさんが携帯電話を
ドコモからauに切り替える日でして
名義が自分になっている都合上
そちらのほうをお手伝い。

そう、今日から受付が開始された
番号継続性、ナンバーポータビリティー制度ですね。

auにはすでに予約してありますので
まず、今日は朝からドコモに電話して
予約番号というものを発行してもらわなければ
いけないのです。

で、開始時間の9時からドコモに電話をスタートするも
まったく繋がらない。

まるで、人気アーティストのコンサートチケットなみ(笑)

何度もかけ直して、繋がったのが12時前。

14時にauのお店に行く予約をしてあるので
これであとは・・・と思ってたら
ドコモから電話がかかってきて
「入力情報のミスで予約番号を再発行いたします」
との事・・・しかも、
支払い方法を解約してからでないと駄目だとか
なんとかで、その支払い方法を解約するドコモの部署から
電話がかかってきてから、予約番号を再度発行するらしい。

しかも、その部署がもの凄く混んでいて
電話をもらった1時頃の時点では
本日何時にこちらに電話できるか判らない位混んでいる様子。

・・・・また、振り出しに戻るかよ(汗)

とりあえず14時にauのお店に行きまして
新しい機種をカミさんが選んで
あとはドコモの予約番号をもらうだけの状態に。

今回の制度で一気に携帯電話の勢力図が変わりますね。

結局のところ、ドコモはどのくらいシェアを減らすか?
そしてauはどこまでシェアをとるか?ボーダフォンは?
なんていうのがこの制度の目玉なんでしょうけど
お役所的なところが目立つドコモは
今回のCMなどみても「どうか、他社に行こうしないで」
という完全な守りの体制であり、結局なところ
お役所体質の悪い面でもある「堅い」という
ところしかアピールポイントがないように思える。

価格などは、他所とも良い勝負をしていると思いますけどね。

で、結局17時頃に予約番号がドコモからでて
再度auに行きまして、新しい電話に変えてました。

メールアドレスも
auのほうで一斉送信してくれるので
なんにも問題がなかったみたいですよ。

登録されているアドレスで、
携帯メールだけに送信してもらったみたいです。

逆に今まで連絡していなかった人たちから
久々にメールをもらったりしてましたね。

今回は1円携帯にしてました。
それがカミさんは凄く気に入ったみたいです。

それでも、内蔵メモリーが1Gもあって
FMとかも聞けて、ブルートゥース内蔵の
同ヘッドフォンも付属だものなぁ・・凄いなぁ。

自分的には、テレビから何から全機能付きの
日立社製のか、メーカーは忘れたけど
メール文字を携帯に指で書き込める機種なんかも
イイナァ〜と思ったんだけどね。

そういう最新機種も
全て新規扱いになるから、3000円〜9000円でしたよ。
もともとauはドコモよりも15,000円くらい安いしね。

ちなみに今回、購入したのはソフマップなんですけど
ソフマップでは、年会費無料のスフマップカードで
携帯料金の引き落としとしていると
2,000円のソフマップの割引券がもらえて
新規でカードを作るとさらに1,000円の券をくれるみたい。

自分のauも、すでにソフマップカードの引き落とし
だったので(ポイントがたまる為)、今回は2,000円の券。
ラッキ〜(笑)

でも、この券でメディアを買えばさらにお得ですね。

しかし、雨が強く気温も低いので
一気に冬ぽくなりましたね・・・寒い、寒い。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-24 23:03 | 日々の日記
遅ればせながら、映画「フラガール」
今日はお休み。

昨晩は「ワールドトレードセンター」を観ましたが
本日は「フラガール」を観に行きました。
b0042248_2349288.jpg

(上は海外のポスター)

結論から言いますと・・・凄く良い。
最近観た映画の中ではピかイチかもね。

hassaku9353さんも泣かれた、とありましたが
こりゃ泣くかもしんない・・いやオレも涙が出た。

自分は実際のフラガールにやられたもんですから
映画を観ると、実際の感動とだぶって余計に感動する。
b0042248_23531755.jpg

(上記は実際のフラガールの写真)
実際はもっと大変だったのだろうけど
昨晩観た「ワールドトレードセンター」とは違う意味での
ノンフィクションを軸とした感動作というところか。

いま、舞台となっているスパリゾートハワイアンズは
めちゃくちゃ混んでいるそうですが
この映画を観れば、そりゃ納得。

やっぱり現物を見たくなりますものねぇ。
hassaku9353さんも、泣かれたのでしたら
ぜひ、スパリゾートハワイアンズへ(笑)

でも、映画を観てつくづく感じたのですけど
日本という国は、異国の文化を
うまく自分達の国、土地にあったように変化させる国なんだなぁ
だったんだなぁ・・なんて思ったりして。

実際の彼女たちの踊りを観ると
本場のハワイのダンスと違うのが判る。
いや、本場の踊りよりも
見方によっては凄いかもしれない。

なんか、見事にハワイの文化を
福島の文化に刷り直して
独特の「ハワイアン」というジャンルを創り出している気がする。

最近の日本映画も良いねぇ。

もう一度観ても良いかなぁ・・なんて作品かな。

で、この作品を観て気が付いたこと。

炭坑の山を背景に
フラガール達が写真を撮るのだけども
その時の山の形が
ハワイのダイヤモンドヘッドの形と同じであるんですね。
(向きが逆ではあるけど)

しかし、この休みで2本映画を観ちゃった。
やっぱり、映画館で映画もいいなぁ。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-23 23:07
仕事終わりの映画「ワールド トレード センター」
今日も忙しかったです。
ありがたいことで。

さて、本日はカミさんの友人が
子供と泊まりがけで遊びにきているので
自分は夜は暇。

そこで、仕事が終わってから
映画を観に行きました。

何を観るかはあえて決めずに
行った先で時間が合うものを観ることに。

で、今回観た映画は・・

「ワールド・トレード・センター」

オリバーストーン監督の最新作です。
主演はニコラス・ケイジ。
b0042248_828653.jpg

あの世界を震撼させた9.11の裏で起きた
ヒューマンドラマを描いております。
b0042248_8283419.jpg

b0042248_8285519.jpg

b0042248_8292743.jpg

「こんな事件を商業目的の映画に・・・」なんて
いう声も聞こえてきていた作品ですが
映画を観た率直な感想は
悲惨な現状の中で起きていた人間ドラマでした。

あえて事件の背景にある政治的な陰謀などは
一切語らず、ただひたすらに闇と孤独の中での恐怖
そして周りの人間の不安と現実をただひたすらに描いている作品。

映画を見終わった後には
「面白かった」とか「良かった」とか
そういった類の感動も何もなし。

ただ少しだけの安堵の気持ちが沸くだけの作品。

それは映画への酷評ではなく賛美の言葉。

事実をただ刻々と描いた作品であるがゆえに
作品で描かれるドラマの背景にある
あまりにも悲惨な現実が
「良かった」と簡単に思わせない、思ってはいけない
という監督のメッセージも感じられる。

この作品はぜひ映画館で感じて欲しい作品。

それは音響の迫力とかそういう類ではなく
あくまでもあの瞬間を、
そして暗闇の恐怖を自分達の記憶に刻む為に。

ひさびさに息をのんだ作品でした。

人って暇な動物です。
だから自分以外の事に悲しめるし笑えるし。
悲惨な事件もおきるし、そこに立ち向かえる。

さて、次は「フラ・ガール」かな。
[PR]
by HSOgolgo | 2006-10-22 23:40 | 日々の日記