日々の日記
by HSOgolgo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2005/05/28  真実
今日は忙しかったです。

お給料日あと!ってな感じですね。
名簿制にしてから約1年がすぎて
色々と工夫を加えながら
その力を発揮し
本日来店されたお客様にも
「すごくありがたいよ」と
褒めていただきました。

さらにの向上を目指します。

本日の御客様は
国政にも関わっている方です。

非常にお忙しい方ですが
今回も
中国問題、イラク問題
そして尼崎の列車事故など
次々と色々な事が起きるので
本当に休まる日がないそうです。

今日は中国の問題を色々と
話をさせていただきました。

非常に反日運動に関しても
中国各地でかなり温度差があるのですね。

まぁ色々な問題が山積みですが
今回 自分は
ある事を教えていただき
ある意味すごいショックを感じております。

いかに自分たちは
ワイドショー化したマスコミに
上辺面の情報で踊らされているかが判りました。

それは今 盛んに中国が批判をしている
「靖国神社参拝問題」

自分が考えていたのは
中国に何をいわれようと
今の日本を支えるために散っていった
方々を奉っているわけだから
首相がどのような形であれ
参拝するのは自然な事だと思っておりました。

小泉さんのお父様は
特攻隊の資料館などにも
携わっているので
その流れでも小泉さんの行動には
納得します。

しかし
ここまで中国との関係が悪化していくと
色々な意見が飛び交う事になります。

まず小泉さんが何故参拝を辞めないのか?

それはやはり「票」「人気」が大きいのでしょう。

まだ戦没者の遺族会の力は大きなわけですね。

実際 お店の御客様で戦争経験者は皆
「小泉はたいしたもんだ!」と
必ずおっしゃいます。

ですから小泉さんは辞められない。

特に今回 あと一回は辞める訳にいかない。
まだやり残している大きな事がありますしね。

中曽根さんが靖国神社参拝をしてから
この問題はスタートしているのですが
中曽根さんは、中国からのバッシングで
一回で参拝を辞めてしまった。

するとあがる声は「だらしがない」

その後は人気が急速に落ちていくわけです。

その事があるから
今回は辞められない。

さらに本当は
中国は終戦記念日を過ぎた日に外せば
ある程度納得をする、つまり面子をたてる
という意味で18日頃に参拝という
話があったそうですが
やはり遺族会への面子として
後にずらすより前にずらした方が良いのでは・・
という意見が大物議員からでて
前にずらしたところ、
やはり終戦記念日の15日までは
ピリピリムードの中国が大きく反発するわけですね。

このときも
国内の事情を優先させたわけです。

そして
今回 目から鱗が落ちたような事実を聞きました。

この日記を読んでいる方々はご存知かもしれませんが
いつから中国が靖国神社の事を
このような形で口を挟むようになったかご存知でしたか?

戦後 天皇が靖国神社を参拝していたのを知っていましたか?

そしてその時は中国は何も今のように言わなかった事実。

それはある事をきっかけに一変するわけです。

それは当時の神主と遺族会が
天皇にも無許可で
それまで靖国神社とは
別にされていたA級戦犯たちの遺骨を
極秘裏に奉納してしまったのです!

するとそれに最初に烈火のごとく怒ったのは
中国ではないのです。

なんと昭和天皇です。

その怒りは収まらず
それ以降 天皇家は靖国神社を参拝するのを辞めて
日本武道館で行われる全国戦没者追悼式にしか
出席していないのです。

そしてその遺族会の会長は
なんと自民党の古賀さん・・・・

なんか色々と見えてきませんか?

上辺だけで考えると
中国のしている事はけしからん!という報道になるけど
その根底にあるものを知ると
別のものが見えてきます。

自分は遺族会を攻めるつもりも何もないです。

幸い自分の祖父は海軍で戦艦大和に配属されておりましが
無事生きて終戦を迎える事ができてます。

でも戦争の苦しみは色々と教わり
志しなかばで無念にも散っていった方々の話も聞いております。

でも・・・なんか昭和天皇が怒った気持が
凄く判るのです。

そして中国が怒るのも。

皆様どうですか?
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-31 22:53 | 日々の日記
2005/05/27 どうなんだろう?
今日は忙しかったです。

朝来店された御客様は
電車の運転手をされているかたです。

やはり話題は先日の尼崎の脱線事故になりますが
やはり運転手さんからみても
あの時刻表は厳しいものだったみたいですね。

その運転手さんがおっしゃるには
その方が運転するさいは
朝のラッシュ時などは5分くらいは
遅れるのが普通だそうです。

人が無理矢理に乗ろうとして
戸が閉まる、閉まらない・・なんてやっているだけで
1、2分は遅れますものね。

あと先日 関西の方がおっしゃていちゃ事を確認しました。
それは
「東日本は車両編成を長くして、一度の運搬人数をあげるのに対して
 西日本は車両編成を短くして、車両を軽くしスピードをあげて
 電車が常に人を運んでいく」
ということだったのですけど
そういう事はありますね・・とおっしゃってました。

ただそれはその沿線の駅が古い駅が多いと
ホームが7、8両編成にしか対応できない事が多く
そのようなホームを持つ駅が西日本には多いかもしれない・・
とも言われてましたが。

あとは運転手の問題ですが
最近では運転手の試験の際には脳波まで
測定して、そこで落とされる人も多いのだとか。

そのくらい厳しいなかでなるわけですね。

ただあの日勤教育は問題だといわれてました。

大体 電車の運転手になる人は
電車が好きでなる人が多いから
「今度ミスをしたら運転手をやめさせる」
などといおう教育をうけてしまうと
精神的にかなり追い込まれるかもしれない・・
なんておっしゃてました。

どちらにしても
この事故から色々な事を学び
再発しない努力を続けてもらいたいですね。

そして次の御客様は
コンビニの店長さんと、ある大手スーパーの本部の方。

そのお二人から面白い話を聞きました。

それは時代にニーズを的確にとらえ
波にのっている感のあるコンビニ業界の苦悩。

それは
御客様のニーズに合わせた公共サービスを展開していって
結果、そこで今色々な問題が生まれていると聞きました。

まずは、自分もよく利用しますが
公共料金の支払い窓口の件です。

最近 これが当たり前となってくると
買い物はしないで、公共料金の支払いだけで
帰られる方が多いのだとか。

それがなぜ問題かというと
まず、それを担当するレジの人の問題。

はっきりして窓口業務なんてたいした還元金などはなく
あまり多くなると、それに割り当てるバイトも
手間が増えるぶん、人員を増やすか・・なんて問題があるとか。

増やせば人件費があがりますしね。

で、少ないバイトでなんとかやりくりさせると
ミスがでてくる。

これが大きいのだとか。

自分もよくやりますが
公共料金支払書を4枚くらいと複数の買い物が
あったときなどに
レジが込んでくると
お金を頂いていないのに
公共料金支払書の両収欄に領収印を押してしまい
その領収書をもった御客様に
「公共料金が振り込まれていない」とクレームがでて
その御客様は領収済みの印鑑を押された領収書を
持っているので、その代金を
立て替える事になるそうです。

色々な業務を覚えさせなければいけない従業員は
全てアルバイトということで
どうしてもそういう初歩的なミスがさけられず
その代償も大きいので大変ですよね。

公共料金の支払いとはいえ
なかには何万円なんてのを支払うわけですからね。

そのぶんを取りかえすのに
いくつの商品を販売しなければいけないことか・・
と店長さんが嘆いておりました。

またこれから食材などの高級化を目指していき
御店の商品ラインアップも少しずつ
高級化していきたいのだそうです。

それは家の近所でもそうなのですが
大手薬販売店などができると
生鮮品などはないですが
ある程度の加工食品は扱い、
それが定価から値引きした形ででてくるので
その影響ははかりしれないのだとか。

便利さという売りは男性には引止め材料にはなりますが
価格は30歳〜40歳代の女性には魅力となり
その客層が離れてしまうのだそうです。

だけどもコンビニでは定価販売が外せない。

以前 100円ショップで販売されているアルカリ電池と
コンビニで販売されているアルカリ電池の違いを
どうアピールするか?なんてコンビニのオーナーの
方々が集まって話し合った・・なんて話を聞きましたが
同じことですね。

やはり差別化になってくる。

しかい公共料金支払窓口・宅急便受付ets...
など色々な「サービス」という名の雑務が多くなり
「ゆとり」がなかなかだせない。

食材にこだわって販売価格を引き上げれば
若い世代が離れて行く・・
本当に難しいのだそうです。

そんななかもう1人の大手スーパーの本部の方は
これから20年後は「総菜」が今以上のビジネスになる。

その辺りはいまでもお年寄り向けのビジネスとして動いておりますが
その方がおっしゃるには
今の子供達が大人になり子供を持つようになる頃には
「家では料理をつくらない」といのが当たり前になって
くると業界はみているのだとか。

いまでも
子供のお弁当などには
冷凍食品を解凍せずにポンポンといれて
子供が食べるお昼頃には
自然解凍されて食べごろになっているので
段々と当たり前のお弁当の作り方になってきている。

「手抜き」という後ろめたさも
冷凍状態から自然解凍するプロセスが
菌が付き難い、つまり食中毒の危険性を減らすと
いう正当な理由があるのだから
余計に拍車がかかる。

それを食べた子供達が大人になる時代では
お弁当のなかだけの話ではなくなっているのは
容易に想像できますよね。

ただこちらも高級化傾向にあるけど
2極化のながれで
販売しても1円の利益、もしくは
逆にまったく赤字の商品などを戦略として
販売していく・・そんな
色々な店舗スタイルを展開していくのだとか。

そのような色々な店舗スタイルを提案していかなければいけない
これからの時代にコンビニは厳しい時代ですよ・・
とその御客様は話されておりました。

もしどこかのコンビニが
定価販売というのを破ったら
コンビニは次々と潰れますしね・・そうも言われております。

その背後を詰めるかのように
HSOのスポンサーでもあるメンズダイジェスト誌の親会社が
経営する「99円ショップ」が追い上げてきてます。

「スーパーでもない、コンビニでもない」をキャッチフレーズに
店内99円で生鮮品から何でも販売するコンビニスタイルのスーパーです。

コンビニの看板だった24時間営業も
大手スーパーなどが採用しはじめ
逆にローソンなどは
地域によっては24時間営業を取り止めました。

さぁ・・どうなんだろう?

とても勉強になった一日でした(笑)
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-31 13:58 | 日々の日記
2005/05/26 現実
本日 自分も会員になっている「 Life AIDS project 」
から会報が届きました。

この会に会員になってからもう3年が過ぎております。

もとは
自分のお店の消毒を見直している際に
その対象となる
エイズ・肝炎ウィルスの事を調べていたときに
ここに行き着きました。

日々の営業のなかで
ただ消毒の事を勉強するだけでなく
その対象とするウィルスの事も
知らなければ駄目だ、と
消毒のことを教わった柏原先生の言葉を
うけて自分なりに調べていった結果です。

そしてウィルスをという事を学んでいき
そこから
患者さんの現実問題をしることとなり
世界、特に日本の感染問題にぶつかることになります。

自分達の職業はファッション産業でもあるでしょう。
接客業でもありサービス業でもある。

しかし決して忘れてはいけないのは
衛生業務だということ。
自分では民間の公衆衛生業務としては
医療の次に最前線ではないかと思うのです。

白衣の意味を考えなければいけないと思うのです。

そんななかでこの会を通じ自分にできることは・・
と考えたのは
この現状を学び、
接客業という立場を活かして
このような問題を御客様に訴えていこう!
でした。
僕達の業種でしかできない事ですから。

それを会の代表の方に提案すると
快く自分、そして Net it-bの情報スポンサーになって頂き
「理容師、理容業界にそのような事をして頂けると嬉しいです」
との言葉まで頂きました。

そして今にいたります。

今度の会報でも色々な現実がありました。

世界でいいますと
ケニアではエイズで両親を失った孤児が1,100,000人を超えて
中国では70,000人を超え、2010年までには
260,000人に達する予測がでている。

女性のエイズ感染者が拡大し、新規感染者の半数以上が女性で
24歳以下の若者では3分の2近くを女性が占めている事実。

世界ではエイズの累計死者が20,000,000人を超えて
年間では200,000人増の3,100,000人に達しており
日本を含む東アジアはそのうち1,100,000人で2年で5割の増加である。
このまま効果的な処置をとらなければ6年後には10,000,000人。

そして先進国では唯一エイズ感染患者が急増えている日本では
2003年時点で新規の感染者数は627人と過去最多を更新し、
献血で感染拡大を防ぐため実施している検査で見つかった感染者は
87人わたり、献血者100,000人あたり感染者数1,548人と
過去最多に達している。

さらに厚生労働省では2004年では6月末〜9月の時点でエイズ感染者は
新規報告件数が209件にのぼり、3月〜6月末までは199件と
2003年のそれぞれの時期を上回る増加率。
年齢別では、感染者が20歳・30歳代が全体の76%の158件を占めて
患者となると30歳代が43件でもっと多く、続いて40歳代の33件、
50歳代の32件、そして50歳代以上が32件となり
20歳代の17人、そのうち日本人は13人である。

この数字はあくまでも
検査などの方法で感染していると判った人の数
または発病して発病した為に判明した人の数であり
潜在的な人の数はこんな数ではないかもしれない。

同じ感染経路を持つケジラミなどの性病の数字を考えたら
深刻な実態が数字にでてきます。

そして私達と同じ環境での作業環境下であると思われる(自分なりにですが)
歯科医師へのエイズ患者診療受け入れに関する厚生労働省の調査で
解答した253人の歯科医師の32%がエイズ診療拒否と答え
それに関して厚生労働省は「予防対策をしていれば通常の歯科診療で
エイズウィルスが感染することはない。エイズへの偏見や認識不足を
改めてほしい」と訴えている。

特にこの上の調査結果を、我々の業界はどう答えるだろうか?

32%でおさまるだろうか?

私の御店は大丈夫です。

でもここで不安と答えた業界の方々に
考えてほしいのは、その言葉の裏側になるのは
院内感染を自ら認めている実態がそこにあるわけですよね。

自分自身は美容師の方々がカミソリを
持ちはじめるのは、時代の流れだと受け止めております。

でもファッション的に参入してくると
色々な意味で
大きな痛手を、回復しようがない痛手を
業界は受けると思います。

狂牛病問題でいまだに苦しんでいる(忘れようとしている)
食肉業界と同じ運命。

その結果として
単なるヘアー産業になる可能性があるということです。

QBがどうの、組合がどうのこうの言っている場合ではない気がするのですけどね。

あと
今回の会報で気になった記事がありました。
公衆衛生医からのエッセー
直言「勝ち組・負け組はもうやめませんか」
の中の一文です。

『今の社会は、実はほとんどの人が「勝ち組」にはなれない。「勝ち組」に
なる人は一握りの人である。多くの人は勝ち組の論理に振り回され
勝ち組の人たちの道具として人生を送り、最後は生活習慣病でぼろぼろに
なっていくのである。自分は中流だという錯覚にとらわれながら・・』

そんな社会にしたくない、という筆者の今の社会への戒めの言葉であるが
なんだか納得してしまう自分がいました。

それでも「勝ち組」になりたくて勉強するんだけどねぇ・・・(汗)

最後に宣伝になるかもしれませんが
この「 Life AIDS project 」の会員になりませんか?

年間で5000円です。

「LAP」と検索すればサイトがでてきます。

まずは一歩前にでないとわからない現実がそこにありますよ。

皆様のご意見をおまちしております。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-31 12:16 | 日々の日記
2005/05/25 発覚
今日丁度てが開いた時に
中央校の江野沢師匠から電話。

6月開催の接客コンテストの
締め切りがパンフレットに書いてないので
学生から質問がきている、との事。

とりあえず当日でなければ良いのですけど(汗)
ギリギリでも大丈夫で〜す!
とお話したのですが、そんな事で
済むわけがなく
沼殿下に電話して確認をして
メールしました。

で、江野沢師匠との電話の際に
「そーいえば、この前に大学科なんだけど」
「はい、行きましたよ!」
「そうか。その後で関口(エロさん)と呑んだんだって?」
「えっ?あぁ〜呑みましたよ!どうしてですか?」
「いや、朝 オレが出勤しようとしたら
  関口がフラフラと帰ってきたからさ」
(注:師匠の家とエロさんのアパートは真向かい)
「えっ?朝帰りでした?」
「なんかフラフラ帰ってきて、どうした?って聞いたからさ」
「なんて言ってました?」
「おまえと呑んでいたって言ってたぞ」
「自分と呑んでいたのは11時までで、その後の朝までは
  関根くんとの、まぁ・・・エロコンビなんですけど
  そのコンビでまたぁ・・・朝帰りっすか?」
「そうみたいだな」
「そうみたいですね」

その後 関根ッチに電話したら

「いやぁ〜やっぱり帰れなかったよぉ・・でも
足技が凄くてさぁ・・エロさんと撃沈よぉ・・・」

まだ放心状態のような感じでしたね(笑)

はたして足で何をされたのか?

エロエロコンビ新境地を行く!の巻でした(汗)
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-31 09:57 | 日々の日記
お断り
今日もお休みです。

実は先週から来月の頭まで
パソコンのほうがとても忙しいのです。

そんな感じですので
こんも日記もなかなかアップできません。

毎日の事柄で面白いと感じたことは
ノートパソコンにいれてあるのですが
来週一杯まで毎日の日記を
細かくつけるのは無理みたいです。

何がそんなに忙しいのかって?

今 MECでお世話になっております
会長でもある大野先生の
日本橋にだす新店舗のホームページを
担当しているのです。

その御店の記者会見発表が
今度の6月2/3日ですので
1日には仕上げなければなりません・・・

仕事の方も給料日以降
嬉しいことに忙しいので
パソコンの前で寝てしまうし(笑)

・・・やばいのだけど(泣)

ともかく
大きな事柄があった日のを
アップさせていただきます。

golgo日記を見捨てないでくださいね。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-31 09:40 | お知らせ!
2005/05/23  楽しかった!
今日は中央校での大学科講習日です。

前回乗って失敗した通勤快速を見送り
その後の
7時50分代の準急に乗り込みます。

比較的に空いていて
順調に進み
山手線に乗り換えて目白に到着したのは
8時40分。

ゴミ捨てなんかをして朝飯を
食べていなかったので
駅前で立ち食い蕎麦を食べて学校へいきました。

・・・しかし最近の立ち食い蕎麦、
とくに富士蕎麦の蕎麦は
柔らかくて
なんか駄目だなぁ・・・

もともとそういう蕎麦なのか
判らないけど
なんともコシがなくて
ドロドロな感じが・・・・・(汗)

それでも完食して
学校に到着は8時55分。

学生ホールで「おはようっす」と
挨拶をして
コータちゃん、関根ッチと合流して
講堂に向かいます。

今日は「理容クリニック」です。

実は今回の授業が一番楽しみな授業でした。

大学科に関しても
当初は「毛髪診断士」の講習を・・と思っていたのですが
関根ッチの「なら大学科にいこーよー」
の一言で大学科になったくらいですから。

講師は17年前と同じ板場先生。

思い起こせば
17年前に
沼殿下が当時考案していた「新理容理論」
という理論がありまして
その中での「足シャンプー」
(注:フットケアではありません)
という画期的なシャンプー技法がありました。

それは
御客様の頭を足でシャンプーするという
斬新なアイデアでもあり
NASA月面砥石での研磨法とならび
新理容理論の代表事項でもあります。

その話を当時の休み時間に
板場先生に話したところ
おこられると思いきや
「ん〜足といいのも面白いねぇ。
足は手よりも力もあるし、指の感覚も違う。
私の足の指は、物もつかめるしね」
とおもむろに靴下を脱いで
足の指を動かしてくれた・・・・・
っいうより
真面目に受け止めてくれた事に
感動すら覚えた記憶があります。

まぁ沼殿下がその後で
「そうですよね!そうすれば手が空くので
漫画読みながら仕事できますしね!」
と言ったので
板場先生は去っていかれましたが(笑)

とにもかくにも
大変勉強になる講義内容でした。

髪の事はもちろん
医学的見地からの育毛のシステム
そして脱毛のシステム。

さらには植毛の実態や
育毛剤の実態なども・・・

そして17年前にも教わった
髪に関する広告の嘘の見分け方、
広告の失敗例などなど!

これがまた面白い!

御客様との話のネタにもなる!

ともかく面白い講義でした。

この日だけで17ページも
ノートを書き取っておりました。
(かなり字が大きいですが・・汗)

授業が終わりホールに向かうと
丁度先生が帰るところだったので

「おつかれさまでした!
先生、ボクは17年前に先生と
大沼君と一緒に・・・」

「覚えてますよ〜」

沼殿下は
中央校では当時から超有名人でしたので
沼殿下の名前をだせば・・なんですけどね(笑)

次回は育毛剤の詳しい講義と
シャンプーの講義および実践です。

17年前に確か「クリニカル・シャンプー」
を教わった気がするのでそれかな?

また楽しみです。

まぁ今日のお昼ご飯の時に食べた
冷やしうどんが強烈でした!

自分とコータちゃんが頼んだのですが
国立の三四郎ですら
噛み切るのが大変なコシ?があった
強烈冷やしうどん・・・・

おかげで
胃がもたれたもたれた・・・

「ぜったいにおかしいっすよ!」

コータちゃんと文句をいいまくったけど
このお店は何故か空いているので(笑)
また次回も行くのだろうなぁ・・・(すでに3回目)

さて今日の夜は
エロさんが合流が遅れるとのこと。

コータちゃんは奥様のために帰宅しましたので
関根ッチと2人で
とりあえず「さくら水産」へ・・かなり雲行きが怪しく
なってきたので駅前でとりあえず・・
なんて感じでね。

「とりあえず軽くいっておこうよ」

なんて最初は会話をしていたのですが
結局ここにエロさん、そして
カミソリ倶楽部の竹内さんが合流するまで
自分は生ビールを4杯、
皆が揃ったら瓶ビールが3本・・・

ちょいと一杯のつもりの呑んでぇ〜
で撃沈寸前です。

そんなところで
表を観ると滝のような雨・・・

そして気がつくと
ゴトゥゥゥウウウゥウウウウゥゥウゥゥゥゥゥから
高田馬場に到着したとの事。

たぶん自分の聞き違いだと思うのですが(良いのですが)
なんでもゴトゥゥゥゥウウゥウウウは
自衛隊?兵隊?に行ってきたとかなんとかで
神奈川から合流です。
窓から表を観ると
前のファーストフードにゴトゥゥゥウウゥウが
立っているので
ようやっとここはお開きに。

完全にできあがっている4人組は
ゴトゥゥウウゥと合流して
そnまま地下になだれ込み
怪しい?朝鮮焼き肉店を発見!

「うぉぉぉお!ここだぁ〜!あやしぃぃぃぃいぃい!」

すでにできあがっている竹内さんが
雄叫びをあげます(笑)

中に入るとこれまた怪しい(?)
美味しそうな雰囲気!

でもすごく美味しかったですよ!

本当は今日はエロさんの提案で
ジンギスカンに行く予定だったのですが
昼間のうどんで胃がやられたからやめよう.・・
と言っていたのでこの様・・・

ゴトゥゥゥウウゥウウウはチジミを
おかわりです。

ここでは竹内さんが「アミーゴ」を連発。

以後、アミーゴ竹内となりました。

まぁここで
エロさんと関根ッチのエロエロコンビは
またこれが炸裂ですわ。

もうお開きになろうか、という頃になりますと
「ねぇ〜関根ッチ〜行きましょうよぉ〜」
「えぇ〜!だって・・・終電が・・・」
「大丈夫っすよ〜!まだ早いし!」
(すでに22時30分過ぎ)
「そうかなぁ・・・(まんざらでもなさそう)」
「ねぇ!関根っち!」
「えぇ〜どうしようかなぁ〜!」

この二人をみていて気がついたのですが
二人とも同じ目になっているのです。

とくにエロさんの目はこんな感じです。

   〜 〜

その正面左横の関根ッチも同じ目なのです

   〜 〜     〜 〜

こんな感じです。

さらにアミーゴ竹内さんが
目を見開いてゴトゥゥゥゥゥウウゥウに
「ヘィメ〜ン!イエェ〜イ!アミーゴ!」と連発しているので

   〜 〜     〜 〜      @  @

なんて感じで3人で横座りなのです(笑)

その後に高田馬場駅まで歩き
新宿へ向かう3人組と別れ
ゴトゥゥゥゥウゥウゥウと
どっかでお茶でもしよう〜と思ったのですが
結局 御客様に聞いた飲み屋を
探そう!〜という事になり
ぶらぶらと20分くらい歩いて
自分は23時15分の小江戸号で帰宅です。

いやぁ〜楽しい一日でした!
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-30 03:49 | 日々の日記
2005/05/22  
この日の日記は
多忙の為にお休みです。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-29 07:25 | お知らせ!
2005/05/21 こだわり
今日お客さまと当店でもあつかっております
「カミソリ倶楽部」のことで色々と話しました。

先日もカミソリ倶楽部のアミーゴ竹内氏(笑)と
新宿でお酒を呑んだ際にも
熱くカミソリの事を語ってりおりましたが
自分もカミソリ倶楽部との出会いのきっかけでもあります
故・小暮さんという、やはり当時カミソリ倶楽部の方と
新宿でお酒を一緒にさせていただいたときに
聞いた色々な話を
御客様にしました。

その酒の席でも
小暮さんは「本物は色々な事を語らせますよ」
とおっしゃっておりましたが
本当にそのこだわりはすごいです。

今 景気のせいか
どうか判りませんが「本物志向」に
なってきている気がします。

そんな話のなかで御客様がこんな話を教えてくださいました。

万年筆の話をしていたのですが
なんでも先日 テレビで
万年筆の筆先を直す職人さんの話でした。

その方は
デパートなどの催しなどに招かれ
そこで
持ち込まれた万年筆の筆先を
手作業で直しているのだそうで。

使う人が来ている場合は
その人に文字を書いてもらい
その癖を見抜いて
その日とが書き易いように筆先を
直してくれるのだとか。

しかも無料で(驚)

祖父が大事に使っていたのを
お孫さんなどが持ち込んで
何も書けなかった万年筆が
またスラスラとかけるようになり
皆 感動そして感謝して帰ろうそうです。

すごい世界だなぁ・・・

なんて話をして
カミソリ倶楽部の耳かき1本お買い上げでーす!

毎度ありがとうございます!
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-29 07:24 | 日々の日記
2005/05/20 長女の誕生日
今日は夕方まで忙しかったですけど
夕方になると落ち着きました。

今日は子供の誕生日なのです。

以前から欲しいと言っていたピンクの自転車を
近所の自転車屋さんで注文して
丁度 手があいた夕方に
これまた丁度帰ってきた子供と一緒に
その自転車を取りに行きました。

すでに一昨日
御店の前を子供と一緒に
通り過ぎたさいに
御店にあるピンク色の自転車をみて
「あ!あの自転車だっ!」
とフライング気味で対面してましたが
やはり今日は嬉しそうです。

御店のおじさんが
届いた自転車を組み立てはじめました。

住んでいる辺りは
自分が子供の時は車も少なかったので
道路でも自転車の練習ができたのですが
いまはそうもいきません。

ですから
すでに自転車を乗っている年頃なのかもしれませんが
5歳にして、ようやっと初マイ自転車です(笑)

そして自転車を受けとるときに
子供の名前と住所を
自転車に書いてもらおう、とお願いしたら
「駄目、駄目!今は名前とか住所なんか書かないほうがいいよ。
とくに子供は書かないほうがいい。
昔だったら良かったけど、今は物騒だからや駄目。
やめたほうがいいよ。」

・・・ちょっとショックでしたねぇ。

そうだよなぁ・・こういう時代だから
余計な事件に巻き込まれる可能性があるわけですよね。

なんとも嫌な時代になりました。

早速 長女は自転車に乗りますが
うまくこげません(笑)

店の裏までなんとか行くと
弟がでてきて「あれぇ〜?いいなぁ〜!」
なんて言われて
長女は得意気な顔になってます。

夜はケーキを食べてお祝いをしましたが
それにしてもでかくなったもんだ・・

そのぶん自分が歳をとっているわけだけどね。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-29 07:06 | 日々の日記
2005/05/19 ゴルフ業界
今日も午前中が忙しかったですね。

今日はこの日記でもよく出てこられる
ゴルフの練習場のオーナーの方です。

最近は女子ゴルフの人気があがって
ゴルフ業界はにぎわっておりますが
男子のプロはまだまだだそうで・・

女子のプロの方々も
華がある方が増えましたしね。

ですからゴルフ練習場にも
いままでにないタイプの御客様が増えたのだとか。

まず藍ちゃん人気でかわったのは
ゴルフウェアーだそうです。

華やかな色合いのものがふえたそうで、
それにともない若い女性層がふえたそうです。

ですから
今どきの若い女性が
ゴルフ練習場に「すみませぇ〜ん、いいですかぁ?」
なんて感じで来られるので
雰囲気がだいぶ変わったちとおっしゃってました。

でもこれはバブル時と違う形で
ゴルフという業界が
ブレイクするような感じがありますよね。

競馬業界のような爆発があるかもしれません。

ここで先ほどの男子プロの話になりますが
女子プロをまとめている女子プロ協会の
樋口さんのやり方がとても上手く
それが今 女子プロの人気につながっているのだとか。

何が上手いかは色々な要素があるでしょうけど
まず
藍ちゃんらが始めたスイング時の「へそ出し」
も協会はちゃんと認めているんだそうです。

以前ですと「ゴルフは紳士の〜」でしたから
御法度だったのでしょうけど
それをあっさり認めてしまって
若い可能性の「華」を認めたあげたわけです。

その結果
若いプレイヤーはノビノビと楽しんでプレイをし
その新しいスイングのスタイルに
ゴルフウェア業界も活性化していくわけです。

さらにそんな女子のスター選手を育てる土壌を作りながらも
「日本国内の大会には最低10試合の出場を義務つける」
という一文を加えることにより
さまざまなスポーツ業界で問題になっている
スター選手の海外進出にたいしても
その力を日本国内の業界向上に活かせるシステムで
女子プロがゴルフ業界を引き上げているのだとか。

「あとは男子なんだよねぇ・・・」なんてもらしておりましたが
先日 もすすぐシニアの選手が大きな大会で
連続優勝して話題をさらっているのだけど
それは若手が育っていない現状が浮き彫りになっているのだとか。

なかなか難しいですね。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-05-21 07:33 | 日々の日記