日々の日記
by HSOgolgo
2005年 12月 24日 ( 2 )
男のクリスマス本
自分は「MARVELS」(マーヴルズ)のコミックが好きです。
そう書きますと、「はぁ?」な感じですが
いわゆる「スーパーマン」「バットマン」「スパイダーマン」
「超人ハルク」「X−メン」、最近では「ファンスタック4」
などの有名な作品などがあるコミックです。

マーヴルズのヒーローは
基本的には(ジャスティクリーグ)
敵といえども自らの手で命を奪う事はしません。
そこが日本のヒーローと違いますよね。

最近では色々な映画化されてますね。
その映画を思い出してみてください。
大体は敵は最後は自分から自滅しているハズです。
(だと思った・・けど)

悪のヒーロー「スポーン」「ブレイド」は別ですけどね。

そしてそれぞれの原作も好きなのですが
アレックス・ロスという方が特別に書き上げている
シリーズが自分的には特に好きなのです。
その絵の緻密さは一コマがそのままポスターにでも
なるような素晴らしい作品です。

ちなみにこれがその本の表紙なのです。
b0042248_19141781.jpg

b0042248_19122528.jpg

ねぇ、凄いでしょう?
年老いたスーパーマンが新たに立ち上がり
再び悪と戦うことを誓う。
そして
最後にはワンダーウーマンと結婚して
最後にはなんと子供の名付け親を
バットマンに頼む・・なんていう物語なんてのも
あったりして。

人間からの偏見に悩むX−メンの姿。
偏見のなかで戦うスパイダーマン。

そんな感じでマーヴルズにでてくる色々なヒーローが
その番外編ともいえる一つの世界で
悪に向かいゆく物語があったりして。

それぞれの生き方を背負ったヒーローが
それぞれのしがらみと闘いながら
悪とたたく。

そればまたファンにはたまらないのであります。

そんな中でクリスマスにオススメ?の本があります。

それは「SUPERMAN PEACE on EARTH」
b0042248_1695151.jpg

クリスマスの夜にであった少女から
地球の貧困問題・戦争などをスーパマンが
世界中をサンタのごとく飛び回り
博愛の難しさに自らの限界に悩み苦しむ・・
b0042248_16101713.jpg

大人向けかもしれませんが
こんな時代だからこそ
クリスマスの夜にスーパーマンと共に
今一度世界平和を考えてみませんか?
[PR]
by HSOgolgo | 2005-12-24 19:19 | 日々の日記
バーバー山本とは?ゴルゴ卿とは?沼殿下とは?
先日このブログを少しカスタマイズしました。
その際に上部イラストを入れさせていただきました。
このイラストを今日はご説明!

b0042248_0124576.gif


まず私達 理容師がお世話になっております
この日記にも登場いたしますエロ侍さんが
編集を勤めます業界誌「RIKEI」誌において
あるマンガが連載されました。
それは・・・・「バーバー山本」
このイラストの真ん中の人物こそバーバー山本その人。

現在「バーバー山本」のサイトは休止しておりますので
簡単に説明文を引用させていただきます。

b0042248_0113739.jpg


「時は二一〇〇年、木星近くに浮かぶ人工惑星メリーゴーランド
には、地球人をはじめとする様々な人が共存し、科学都市を築き
上げていた。  その中枢都市グラスワンダーに、今世紀最後の
カリスマ理容師と呼ばれる地球人がいた。 
「バーバー山本」  二〇世紀の理容師をこよなく愛する、愛と
勇気の伝道師である。  (説明文より抜粋)

その「バーバー山本」連載化第1話に登場したのが上部イラストの
右で巨大な鋏を持つ男「沼殿下」であります。
モデルは自分の親友でもあり、最近では山形のサンタクロース
として登場した山形の奇才「沼」なのであります。

そして「バーバー山本」第一部中盤にて登場したのが
辱めながら私がモデルとなっております「ゴルゴ卿」であります。
左で巨大な日本刀を構えているのが私(汗)

現在は「バーバー山本」は第二部を終えて宇宙の伝説となっており、
いずれ単行本化されるのを熱望中であります。

そして作者は8男くん。
色々とお世話になっておりますプロのイラストレーター&漫画家
なのであります。 現在様々な活動をされておりますが
OICHOCにてアートをしております。
こちらで、私「ゴルゴ卿」のTシャツまで作成したいただきました。

今回のイラスト使用に関しても
快く快諾していただきました〜ありがとうございます!

しかしプロの方の目は凄いもので
8男くんが描く「沼殿下」「ゴルゴ卿」は
自分の場合ですと子供が掲載している漫画をみた途端に
「あっ!父ちゃん!」と叫んでしまうほどの劇似(笑)

ちなみにこれまでにでてきたエロ侍さんゴルゴ卿・沼殿下
はリンク先に写真がございます。(えのさんの東京散歩)
私共の写真をみて、イラストをご覧あられ。

ちなみにエロさんが着ている服「散髪即人生」も
山本ブランドであります・・・・格好良いですぞ。

ここででてくる「ゴルゴ卿」はある意味では
自分の末裔であります。

う〜ん100年かぁ・・あと四代くらいかな(汗)
頑張ろ。

最後に「RIKEI」誌により開催された
一〇〇年後のヘアスタイルコンテストにて
ゴルゴ卿の作品が弟子をモデルに入賞をいたしました。
その作品を下記に掲載いたします。

b0042248_016313.jpg


説明

2103年 すでに理容師.美容師の法的区別はなくなり
その職業に従事する者は「髪師」と法的には区別される時
代になっていた。そんな中、その「髪師」と呼ばれる職人
集の中に「侍」と呼ばれる異色の髪師軍団が現れる。彼等
は「侍ブレード」と呼ばれる日本刀を彷佛とさせる刀刃を
鋏のかわりに操り、豪快なヘアスタイルを造り出す髪師軍
団である。その軍団がこの夏一番のヘアスタイルとして提
案したのが「斬切CUT」である。このスタイルは100年
以上前からの定番のブロース・スタイルに「直線・鋭角さ」
だけを求めたヘアスタイルである。その超振動レーザー刃
の「侍ブレード」から生み出されるヘアラインは。それま
での鋏による直鋏の域を超え、非情なまでの直線的なスタ
イルを生み出す。また一太刀で斬る髪師のスタイルそのも
のが「侍」をイメージされ、そのスタイルは、すで海外で
高く評価されている。軍団の総帥「矢谷トシヒデ」はハリ
ウッド進出の話も噂されているカリスマ理容師である。
[PR]
by HSOgolgo | 2005-12-24 00:10 | 日々の日記