日々の日記
by HSOgolgo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日本テレビの取材〜ヒゲ〜
今日は日本テレビの取材でした。

心配しておりましたが
おかげさまで満員御礼でございまして
ボケッとしているとことを撮影されなくて一安心。

ただ、ヒゲのお客さまのインタビューも
来店してくださった方もおりましたが
タイミングが合わず無理でした。

ヒゲのお客さまが帰られたのが14時30分。
クルーの方は来られたのは15時。

残念でした〜まぁ、お客さまにしてみれば
どうだったのかな?

その後、終業が21時。

そこから撮影がスタート。
まずはインタビュー形式でヒゲを語り
その後、自らの番組でモデルとして出演?するのは
初めてというプロデューサーの方をモデルに施術。
b0042248_1115685.jpg

まずは、まだヒゲを整えていない状態を撮影。

自分も資料の為、撮影させていただきました。
・・ちゃんと、照明をいれて下さいました。
照明の方、ありがとうございます。
で、写真がコチラ。
b0042248_11165234.jpg

かなりやりがいがあるお仕事であります(笑)

2重顎が嫌な為にヒゲで隠されている、との事でしたが
それは顔を大きく見せているだけであります。

自分の生まれつき額が広かったのでコンプレックスでしたが
それを隠す事が余計なコンプレックスを生む原因です。

ですので、今回は「小顔」をテーマに引き締めデザイン。

まずは顎ヒゲの外側ラインによる輪郭補正。
目から顎までの距離がある為に
耳の下のカーブ位置は少し上に設定。

カーブラインは曲線として
横側の威圧感を軽減し、顎にむけてラインをつなげます。

内側ラインは
モミアゲからカーブラインまでは少し外側に
曲線で下に卸し、横顔の奥行きを演出。
カーブラインは外側よりも少し緩やかな曲線で
つなぎ、口角下のヒゲにつなげていきます。

このラインは頬方向にぼかしてあげる事により
シャープさを軽減させて、男性的な優しさを演出。

また、もみあげ部分から下方向、顎部までの
刈り上げによるグラデーション処理により
威圧感を軽減して、上下方向の爽やかさをデザイン。

口角から顎までのヒゲラインは
体格が大きく、肩幅もおありになる方でしたので
下方向に広げてしまうと、顎を大きく見せすぎてしまう為、
あえて下方向へのストレートラインで結びました。

そして、口角の上方向への引き締めを考え
上方向へのくびれをデザインしてあります。

正面から顎ヒゲの形状は
下唇から顎先端までの上下方向を長く見せる必要がなく
お顔の印象を横方向への安定感をだす為に
スクエア状のデザインをチョイス。

顎中央は横顔時の顎のボリュームを演出させるために
下部部分に直鋏をいれて中央にボリュームをだしました。

下唇の下のヒゲは
極度の顎の歪みがない事と、
お顔が体格と比例して大きさがある為に
あえて上下方向の矯正ラインを強調する必要がない
為に、鈍角の三角形にて対処。

鼻の下のヒゲは上唇にかかる部分をカット。

上部の斜行角度を軽減する為に
中心部から外側にかけて薄くするグラデーション処理と
同時に多少の人中上部のヒゲをトリミング処理。

で、完成しましたのがコチラ。
b0042248_11514100.jpg


放送は、7月4日(水)の午前4時からの放送「Oha!4」の
4時20分頃のコーナーで5分くらいだそうです。

竹ちゃんのところなどもでてくるので楽しみ。

追伸:ヒゲ倶楽部登録サロンの方々へご連絡。

サロン登録向けのプログラムも徐々に開始いたします。
もう少々お待ちください(汗)
それまでにご質問がある方は、質問フォームにて御願いしまーす。
[PR]
by HSOgolgo | 2007-07-01 23:09 | 日々の日記
<< 思わぬお客さまと楽しき時間。 ラジオの取材 >>